サラリーマンで、やる気のある方大募集
by jnyvpsd2za
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
日立、ICTによるグリーン化..
at 2010-06-15 16:09
民主党の玄葉氏も菅氏支持 (..
at 2010-06-03 23:00
<アユ漁>解禁に太公望次々…..
at 2010-05-27 18:41
九州訴訟でも救済案示さず=B..
at 2010-05-18 22:55
<ネアンデルタール人>ヒトと..
at 2010-05-11 16:53
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<内閣府世論調査>殺人の時効 25年は「短い」が過半数に(毎日新聞)

 内閣府が6日に発表した公訴時効制度に関する世論調査の結果で、現在の殺人事件の公訴時効期間(25年)を「短い」とする意見が過半数に達した。このうち、制度の見直し策として「廃止」を挙げた意見が約半数あった。公訴時効制度についての調査は初めて。

 殺人の公訴時効期間について「短すぎる」と「どちらかといえば短すぎる」が計54.9%。「長すぎる」と「どちらかといえば長すぎる」は計10.0%、「これくらいで良い」は22.5%だった。

 短いとした理由(複数回答)は「時間の経過で犯人が処罰されなくなるのはおかしい」が79.8%。以下、「時間が経過しても被害者の気持ちは薄れない」55.2%、「時間が経過しても犯人が判明する場合がある」36.9%など。

 「短い」と答えた人に見直し策を尋ねたところ、「廃止」49.3%、「期間を延長」22.1%、「一定の事情がある場合のみ期間を延長」25.9%だった。

 法制審議会(法相の諮問機関)刑事法部会は殺人罪の公訴時効廃止などを審議中。今回の世論調査結果は8日の部会に報告される。【石川淳一】

【関連ニュース】
定額給付金:消費6284億円増加…内閣府調査
社説:2010再建の年 地域主権 地方議会も変化の時だ
地震調査:孤立集落対策進まず 内閣府
地域主権戦略会議:分権改革計画の工程表案を報告…初会合
定額給付金:消費6284億円増 「経済効果は限定的」−−内閣府調査

【中医協】回復期リハ、「2単位実施」の要件を追加(医療介護CBニュース)
自衛隊PKO、ハイチ入り=地震被害の復興支援へ(時事通信)
「借りたカネは返すな!」の著者を再逮捕 法人税でも脱税指南(産経新聞)
美容機器会社社長を再逮捕=無免許でしみ取り−長崎県警など(時事通信)
ソフト会社実質経営者ら有罪=高額配当うたい詐取−大阪地裁(時事通信)
[PR]
by jnyvpsd2za | 2010-02-11 10:55
<< 「約束違反」批判の的 マニフェ... 大阪市内で火災3件相次ぐ 2人... >>